リソース

白書

AOS

ホワイトペーパー前書き

AOSはより一層ユーザー及びdAppsの匿名性とプライバシーを重視します。ETHとEOSでは、ユーザー及びdAppsの匿名性とプライバシーは保護されていません。これは社会発展に相応しくない客観的事実だと私たちが考えています。これは私たちがAOSを作った理由でもあります。ユーザーの資産とプライバシーを保護することこそ、ブロックチェーンの未来だと信じております。

dAppsのOSの根幹を提供し、プライバシー保護の特徴を導入することがAOSの望みです。AOSでは開発者は素早くプライバシー保護重視のdAppsを開発できます。同時に、AOSは匿名資産の発行機能を提供し、誰でも自分の匿名資産を発行できます。以降の資産取引では、取引参加者以外は資産金額を覗くことができません。

AOSはアカウントモードを使い、準同型暗号とゼロ知識証明技術を利用し、匿名性にアンダーライングの暗号学支持を提供します。これらの暗号技術はスマートコントラクトレイヤーで応用され、DAPPも簡単に匿名性を獲得します。